きみはフォトジェニック   柴田 瞳 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

きみはフォトジェニック   柴田 瞳

きみはフォトジェニック   柴田 瞳

撮るひとを撮るひとを撮るちりちりと午後の陽射しに髪を灼かれて

父の日を忘れたままに梅雨は明けラヴェンダー色の放置自転車

ミクロからマクロにレンズ切り替えてふわっとやめてしまいたい恋

格言をやたらと残す先輩が撮りだめている青空がある

GBギガのデータフォルダにおさまらぬ横顔、横顔、夜明けの鉄路

佐藤から五十嵐になった友からのはがき    嵐の字が少し下手

暗闇の色にこだわるあのひとのとても大事な黒のイメージ

墨汁をこぼしたような黒髪が夏服の背に揺れていたこと

ふるふると指を伸ばした枕元    「受話器」が明日死語になりそう

新薬開発のニュースに顔を上げ朝餉が少し冷めた数秒

作者紹介

  • 柴田 瞳(しばた・ひとみ)

1979年生まれ。2002年より「かばん」所属。第一歌集『月は燃え出しそうなオレンジ』。

日記ブログ「マヨネーズ革命」
http://blog.goo.ne.jp/orangemoon1103/

短歌ブログ「マスタード革命」
http://blog.livedoor.jp/mustard1103/

タグ:

      
                  

「作品2012年7月13日号」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress