大道大乗歩行―芸能芸術起信考―【七】            土方巽の為の十七音階  男波弘志

大道大乗歩行―芸能芸術起信考―【七】
 

土方巽の為の十七音階  男波弘志

写真集「鎌鼬」細江英公

それつきり稲架の高みにある舞踏

おんおんと胡桃の芯にある掟

虚貝は広くて広くて睡からむ

葬列の大首絵めく月夜かな

足裏が見てゐる栗の虫の穴

羊水を出てばらばらに動く四肢

うづくまる蝶の真似して月を浴ぶ

斬られたる水面の溝をくる舞踏

二枚貝のそこらぢゆうから水溢れ

関節をゆるめ縞ふくろふになる

はぐれたる所作を聚めてゐる胡桃

二色ふたいろに生れ一色ひといろで死ぬ小鳥

一粒の種より低くなる躰

執筆者紹介

  • 男波弘志(おなみ・ひろし)

昭和41年(1966) 真冬 出生
北澤瑞史 創刊 俳誌「季」 元会員
岡井省二 創刊 俳誌「槐」 元同人
永田耕衣 創刊 俳誌「琴座」マンの会 元会員
現在 俳誌「里」 同人
既刊句集 『阿字』(田工房)
合同句集 『超新撰21』(邑書林)に入集

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress