日めくり詩歌 短歌(藤原龍一郎) « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

日めくり詩歌 短歌(藤原龍一郎)

「壊滅的」どうか誇張であってくれ10キロ先を確かめる術なし

岩手 奈瀬あすみ
毎日新聞四月十日短歌欄 伊藤一彦選


 現代短歌には機会詩という性格がある。何らかのことに当たって、それに反応した言葉を短歌として定着させるということだ。このたびの東日本大震災も、短歌を生み出す大きな契機となっている。新聞の短歌欄には、すでに、震災の歌が掲載され始めている。

 掲載歌は、毎日新聞四月十日短歌欄 伊藤一彦選者の特選歌。岩手県岩手郡在住の作者が、電話も電気も不通の状況の中で詠んで投稿してきたものだそうだ。

 テレビやラジオは「壊滅的」という言葉をつかって被災地の状況を報道しているが、それが誇張であってほしいとの切なる願い、祈りがこめられている。震災前ならば簡単に行ける10キロ先への道を、震災は容赦なく遮断してしまった。被災地に在りながら、さらなる被害を受けた地への不安、結句の「術なし」に焦燥感と無力感が滲み出している。

タグ:

      

One Response to “日めくり詩歌 短歌(藤原龍一郎)”


  1. 日めくり詩歌 短歌(藤原龍一郎) | 詩客 SHIKAKU
    on 5月 4th, 2011
    @

    […]  前回紹介した歌と同じく、毎日新聞四月十日短歌欄の米川千嘉子選者の特選歌。これも深い絶望感を詠った一首。救援のヘリコプターの大きな音にも馴れてしまい、眠れるようになっ […]

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress