大道大乗歩行―芸能芸術起信考―【十一】                        三尺の翁   男波弘志

大道大乗歩行―芸能芸術起信考―【十一】 

三尺の翁   男波弘志

老いは死の習ひ初めなれ山櫻

三山は大きな山や田螺和

眼のところ少し苦くて白魚和

ブッダさへ残す舎利壺花の昼

なきがらの何持たさるる余寒かな

春曉のどの骨片も鳴らざりき

骨片の中の一つが茎立ちぬ

骨片に手を乗せて浮く蛙かな

母を焼く火の塊りへ囀れり

母焼いてゐる蓬餅食べてゐる

骨片 月光 月光 骨片 壺一つ

母になくて吾にある今蜂唸る

春惜しむ大きなこゑの人とゐて

執筆者紹介

  • 男波弘志(おなみ・ひろし)

昭和41年(1966) 真冬 出生
北澤瑞史 創刊 俳誌「季」 元会員
岡井省二 創刊 俳誌「槐」 元同人
永田耕衣 創刊 俳誌「琴座」マンの会 元会員
現在 俳誌「里」 同人
既刊句集 『阿字』(田工房)
合同句集 『超新撰21』(邑書林)に入集

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress