東京プリンス 有働薫

自由詩有働130510

東京プリンス 有働薫

好きな女の子
中2のときちょっとつきあってた
オレと別れた
うん、可愛かったよ、あやめ系かな
ドアのガラスに肩でつっかいぼうして
たがいにひざが触れるほど向き合い
斜めにスマホをのぞきあう
 
横の席が空いた
すかさず一人が座り
でおくれたほうが
ジーパンの膝に尻を乗せようとした瞬間
間髪を入れず右手のこぶしを尻の真ん中に突き出す
苦笑いして尻を引くと
ああ、くらったあああ
と嘆く
友にいささかやましくなったか
きんたまか?
いや、しりのあな
 
きみの腹の上
浮かぶボートでめまいする
灯りの灯った
ローソクとオレンジ

タグ: , ,

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress