音の出どころ 白井明大

白井詩131122

音の出どころ  白井明大

おふろに入れていたら
うたが声をあげた
オスプレイだ!
 
窓がなくて外が見えない
ユニットバスの中にいても
換気扇の通風口づたいに
たしかにここへ聞こえてくる
プロペラを前や上に向け変えながら
雲や町にこだまして響く二重の音が
 
飛んでるの? ときみにきいたら
ベランダへ出て見てくれて
飛んでないよと答えて言うと
スイッチを切ったとたん
換気扇が止まり
音が止んだ
 
なんだったんだろうと
また回り出したファンの音を
うたの背丈までしゃがんで聞くと
空っぽのバスタブの中ではね返り
こだましてくるから
 
ふろ場の入り口にいるきみは
戸の縁にかけた手をそのままにしてて
ぼくの耳にまだ残る音が
しずまっていくのを
ぜんぜん笑ったりしないで黙って
見つめ待っていた

タグ: , ,

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress