きれいな猟奇   伊藤浩子

きれいな猟奇

 
 
 

きれいな猟奇   伊藤浩子

乳白色に染まった樹々の輪郭に
老婆は咳き込みながら
(売れない花を踏みつけていた)

修道女たちの祈祷に躓く

性徴は
裸を盗んでも罪には問われない季節の
余剰だったから

ねえ、その肉の突起が無聊ね
切り取って
溜池の肉食魚に与えましょう

やっと取り戻した自由に
アンビバレントな積乱雲さえ
双子の小人症の
沈黙が快楽のトリガーとなって

(八重歯が汚い)

賛美歌がきこえる
物憂い虹彩と
時間の
溶ける

舌下腺せよ

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress