うた   相沢正一郎

うた

うた   相沢正一郎

鳥は、翡翠、鷭、鶺鴒、五位鷺、草鷸、蒼鷺――ねむ
れないときには、鳥の名をおもいうかべるのもいい。
いつのまにか水音がたかまるにつれ、あなたは川。こ
とばの川。あなたのまわりで鳥たちも透きとおって―
―かいつぶり、とび、いそしぎ、こちどり、まがも…
…キッ、キッ、キッ。ケレ、ケレ、ケレ、ケレレレレ
レ。ピッピッ。ピピピピピ、ツィー。

雲はいわしぐも、きぬぐも、かなとこぐも、しぐれぐ
も――日付のあと〈晴れ〉と几帳面に記す。……雲が
ひろがっていた、あなたが〈歯が痛い〉と書いたとき
も、〈何もなし〉と書いたときも、〈庭の片隅にコス
モスの花が咲いた〉と書いたときも。そういえば、雲
はもう、四十六億年もまえから描かれてきたな。ひつ
じぐも、うろこぐも、ひこうきぐも……窓の外を流れ
ている雲と、その日、あなたが書いた出来事と、いっ
たいどんな関係があるのか。いま、あなたの膝のうえ
から猫が飛び降り、窓から出て行った。

魚は、サケ、スズキ、ボラ、コイ、フナ、ニジマス、
イワナ、ヤマメ、ワカサギ、アユ、ウグイ、カジカ…
…ねむるまえに魚の名前をおもいだしているうちに、
いつのまにか枕もとから川は退いていて。朝になると
水音は消え、鱗が光っている。よく見ると、カーテン
の留金から零れ落ちた光だったり、庭に落ちているガ
ラスの欠片だったり。でも、さっきから水溜まりに置
いてきぼりされた魚が、ときどき思い出したように水
を跳ねる音……。
(連作のうち)

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress