蝶番   そらしといろ

718

蝶番   そらし といろ

 1
扉の 門の
鍵を 開けて 
閉める 音に
切断された

言葉の破片へメモを書き残す 毎朝のこと

 2
(白い蝶がまぶたを結ぶ
 シシ神の
 アポカリプス」

眼球が夢中でなぞり
のど越しを味わった

詩集の詩人の行方を想う、午前十時の休憩。

 3
すり減ったクレヨンを握る
黄緑色によごれた指先の

その
小さな野原へ寝ころぶ
君のまつげを整えてピンを打つ

 4
鹿の角は
水晶の透明度をもって
光を吸っては吐きだしている

そうして
雷鳴は低くこちらへ近づく

 5
それは三十一文字ではなかった
サイドエフェクトでもなかった
解放区に僕は立ち入れなかった

 6
食卓で向かい合った彼は
死んでいるし有名な詩人だったから
言葉の純度が高すぎて
おしゃべりする口元は水銀にまみれている

 7
毛布のように電子端末の微弱な電波を
引き寄せてはじめて安心するあなたは

 8
飲めない珈琲を淹れて誰かを想う、午後三時のおやつ。

 9
ここ数日
綺麗な夕焼けが続いている
オーディオプレイヤーの再生ボタンが壊れて凹んでいる

 10
断片的なメモを
繋いだような僕らの
関係性に生じる
空白を抜けてゆく青い蝶

渦巻く舌に開けられない鍵はない

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress