食べるより先に、住むより先に、  そらし といろ

1017

食べるより先に、住むより先に、   そらし といろ

 1
猛獣の毛の
柄のシャツを
着ても柔らかい
素材の重なる
温い腰回り

 2
生き物の味がする
生地をジグザグに走り抜けた
軌跡

生き物が生息する
生地の包容力は家に似ている
安寧

 3
ふゆごとに
あひるをはだかにむく
手の鳥肌が悔やむ
毛皮を脱ぎ捨てた日のこと

 4
スキンレスタラ、冷ややかな鮮魚コーナー

 5
アルバムの服をたたむ

針金ハンガーは死んで
いないお前の
骨として庭で焼く

幽霊の足音を拾う
神経は抜いて線香にしよう

昼 町の防災放送
地面を最初の寝台としよう

おかえり おやすみ 

 6
小箱のコサージュ
はるかに咲いたバラの枯れない水色

再び胸へ飾るなら
記憶の蒼さに刺される覚悟を決めて

 7
袖口から転げた
ボタンの代わりはいくつもあるし
ワイシャツを捨てる選択肢があれば
ワイシャツを着ないことを選んでもいい

とりあえずは、脱いでみてもいいんじゃないの

 8
深夜に着て
朝方に脱ぐための
気配を探す日々

 9
一枚の
布にしろ
皮にしろ
めくる感覚が楽しくて
永久機関としての玉ねぎになりたいよ

 10
古着屋で買った
ストールの淡さ
首から肩へ巻いてゆく

帰路
角を曲がるたびに軽くなる
意識が鳥瞰図化して眩む目

なにやら言祝ぐ咆哮を遠くで聞いた
肩甲骨の熱さに泣きわめく
僕の声を祭囃子に舞う君は

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress