からすのえんどう   斎藤恵子

0611

からすのえんどう   斎藤恵子

川辺を歩く
土手にはからすのえんどう
ちいさな紅の花
ノノノノノ
さやのかたち

川は雲を浮かべ
雲間に沈む
ことばたちの上を流れ
わたしのなかを通り
ト音記号のつるをつたい
うす色の空へとのぼる

無残に過ごしたとはもう思うまい
下から黒くなったさやの実が弾け
世界の遠くねじれて
なつかしい烈しさを撒く

裏切られたことばが
川溶け込んでいて
ときおり堰になって滞り
不意のひとすじの急流に
憤りの飛沫があがる

遇わないひとたちは
みんな元気だろうか
蜜色のひかりが満ち
はじまりの合図のように
爆ぜる

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress