木陰の跡で   鈴木一平

1112

木陰の跡で

今日までついた息で歩いた、枯葉で編んだ橋の上
  きのうは
まだ機能する木の根に絡む水気を吸って
かえるあし       どりがせまる
蛙の足あとを、ひざまずく鳥の影が追いかけて
とりひきを
鳥の息を縫う夕日に向かって
見えない小屋が建っていた、橋の向こうを
          きのうは
吐きだした、光の泡で木の根を支えて
いつか
両足は石の裏に生えた苔になり
苔はとおくの地面と地面を接ぎ木した

木陰のような手跡を見つけたことがある
枝は空の近くで曲がり
林の奥を、戻ってきた子どもの首筋に
ひかげのくも       が
光る雲を掴もうとして、ひざ掛けの上で組まれた指が
まどに   ふれ
窓の向こうに触れたとき
    そこに  あるを   つたって
じぶんの幹を損ねて歩く、一本の蔦がゆれながら
過ぎていく木々の間取りを伝って
薄くらせんする体がゆれた
滞りなく
なにもかも、夕日の小屋を過ぎていく

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress