台所の五十音図   岡本啓

0218

台所の五十音図   岡本啓

フカ  /  カヒ  /  フカヒ
詩だ。
この一秒一秒も せかいは不可避な詩だ。
フ  /  フカ  /  カヒ  /  フカヒ
あ、あなたがハッすることができないとき
ふいにせかいは詩で豊かだ。  ふと、沸騰する。 どっか高くで
フ  /  フ  /  フ  /  フカ  /  ヒ  /  ヒ
わたしの言葉は ありふれた五十音の日本語で
あちこちにあふれてありふれたまま  言葉には
不思議な魔法があって
そう! あなたの名前が呼べる。
聞こえる? / 聞こえなかったとき、せかいは不可避な詩だ。
とっピでも、 意味不明でも
聞いてしまったことは否定できない。
みんな一回は子供だったことと同じ。 否定できない。
そう、大人たちが来た日は、下駄箱には  五十音、
にぎやかな五十音があふれかえって
年子の姉もわたしも不思議だらけで  そう
窓枠の結露。 とどかないガスコンロ。 ガスコンロの上では
ホウレン草がふきこぼれようとしていた。
台所の壁には、アヒルも馬もバッタもいる、にぎやかな一枚の
五十音図が貼ってあった。
あ /か /さ /た /な /は /ま /や /ら /わ /ん 。
『ん』のさらに先。
その五十音図の草原には、さらに先に文字たち。  その一つ
『つ』とそっくりだけど小ちゃくて  その一つの文字は
『ばった』という三文字の真ん中に跳ねたまま……
『っ』
「姉ちゃん! この字……」
「うん、この字……」
年子の二人は、ハッすることができない。
ハッすることができない。  ハッすることができない。
深い深い緑がふきこぼれていた。
冬の太陽に、春の太陽に、夏の秋の太陽に、 幼い年子に
落書きされ、黄ばみ / 五十音図は剥がされ
日本地図に張り替えられ / 落書きされ、黄ばみ 剥がされ
世界地図に張り替えられ / 落書きされ、黄ばみ 剥がされ
くっきりと痕だけがそこに残って……
五十音図は  五十音の貼りついていなかったせかいは
剥がされ
あなたはそれをすっかり忘れて
ハッすることができなかった、のは / はるか以前のこと。
いいえ、
世界地図のようには このせかいは本当は 色分けなどされていないし
あの文字 / あのひらがなは
この一秒一秒も ハッすることができない。
フカ  /  カヒ  /  フカヒ
手のひらには、生きている  バッタの死骸の軽い感触。
フカ  /  カヒ
あ、 あなたがハッすることができないとき
せかいは /不可避な / 詩だ。

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress