かわいそう   黒崎立体 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

かわいそう   黒崎立体

かわいそう 黒崎立体

 

かわいそう   黒崎立体

すこしだけ知っているおんなが
いつの間にかこどもをうんでいて
ははおやの声ばかり出すのが
機械を見ているようで きもちがわるかった

 ――すごい発疹、
    医者は明日もやってないし
    まえ一回なったとき全身に広がったし
    もう
    かわいそうで、

こどもがいたんでいるときの過剰に
ははおやは均された声を出す
おんなの声が
母の声にかさなる、

記憶のどこかで降る雨の
においをいまも嗅ぐことができる、
私には傘が うまく分からなかった
かわいそうと言われれば
かわいそうなひとになり
ははおやはひとつの
暴力、

 ――はやく よくなりますように

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress