多くを捨てよ   亜久津歩 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

多くを捨てよ   亜久津歩

PNGイメージ

多くを捨てよ   亜久津歩

橋の背すじを ゆったり 歩く

みぎの踵を流星が掠めていった
澄みきった夜の空気に無数の月が沈んでいる
小雨を呼吸する草と土の匂い
仰ぎみた水面は幽かに蛍の尾を伸ばし
刻々と蜩の声を泡沫にする
ここはいつ わたしは誰のわたしだろう

常緑の庭 束の間の椅子

きっと白かった脚のささくれにふれ
硬く乾いた塗装の感触を想起する
テーブルの上には鳥類図鑑が羽ばたいて
硬く乾いた筋肉と感性を想起する
あてどなく舞う木洩れ陽の中
紫陽花が正しく立ち枯れていた
きみは誰 わたしをどこでみているの

文字だけの街 地図だけの夏

植木鉢を動かすと
無数のわたしが這い出してきた
化膿したことばを纏わりつかせ
無数のわたしが這い出してくる
無数のわたしが手袋を着け
無数のわたしの駆除を始める
花後の躑躅は
どの季節をも零れた歌を咲かせている

翅を抜くように
わたしからことばを剝がす
羽を接ぐように
ことばからわたしを剝がす
また一つ扉が開き
一つは閉じる

ひとりを摘み そっと
ラムネ瓶へと滑りこませた
とろりと濡れる球体は増殖を繰り返す
物語の前で さだめのない場所で
ああ どうしても
消えることが
できない

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress