秘密   山木礼子

  • 投稿日:2017年04月08日
  • カテゴリー:短歌

0408

秘密   山木礼子

生きのこりたる一匹の泳ぎをり若草色の水揺らしつつ

母のきぐるみを着た母である 風船の根元をつまみ手渡せるとき

縄のごと泣きつづく子を抱きあげればつめたき足が背中へまはる

独り身は楽だつたことになつてゐるまだらに剝けた百日紅の木

飲み会へ誘つてくれてありがたう。無理です。「買ひ物」無理。「映画」無理。

たそがれに泣きしおまへの吐きだしたガラスを素手にあつめてゐたり

もの言はずつまのうごかす掃除機の頭がソファの下くぐり抜く

CMの母はやさしい 撮影のあとはお茶でも飲むのだらうね

子と母の世代のあひに育ちたるプリキュア五十余名 うつく

深入りはならぬ秘密のやうにして鯨肉売らる鮮魚うりばに

児童館の床にちひさく親の群れ しなくていいよお遊戯なんか

何度でも紙のボールを受けとらうわたしはおまへの最初の友だち

もし翅があつても飛べる空はない 網戸と窓はひらいてゐても

泣く朝も泣かざる朝も一歳の記憶はいづれ散らむはなびら

いつだつたか思ひだせない「可愛い」と最後にわたしが褒められたのは

山木礼子
未来短歌会(ニューアトランティス欄)所属。2013年、「目覚めればあしたは」30首にて第56回短歌研究新人賞受賞。

タグ:

      
                  

「短歌」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress