砂丘   小崎ひろ子 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

砂丘   小崎ひろ子

小崎詩20140315
榮猿丸推薦

砂丘   小崎ひろ子

太平洋側をあきらめたものかどうか
あぐねている最中に気がついたのだ。
砂丘で邸宅遊びをしながら
屛風を立てている子ども達がいることに。
 
トタン屋根がせんべい食べてとかいう
フレーズを思い出したりしながら
生きるためには
ここでやる気など持ってはいけないのだと
自らを説得しながら
まるで陳腐な映画のシナリオそのままのように
車を走らせようとしている。
 
みんなだって、出て行くのだろう?車ごと
地球の半分側に。
 
トタン屋根の邸宅など
とっとと置き去りにして。
 
短歌3首
 
ひたる間もなき幻想の合間もてなだるるうつつ桜舞ふなり
一つ得てひとつ失ふつらなりをたたへて水よ永遠(とわ)に濁るな
その水を必要とする都市さへも小さな小さな国のひとひら
 
俳句3句
 
立春の風よ人為のように受く
つちふるや違う粒子の身代わりに
花の冷え言わずに済ますこといくつ

タグ: , ,

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress