「花瓶には星を蒐めるゆっくりとまぶたを下ろし息をつづけて」 亜久津歩 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

「花瓶には星を蒐めるゆっくりとまぶたを下ろし息をつづけて」 亜久津歩

%e8%a9%a9%e6%ad%8c%e3%83%88%e3%83%a912
【連載 第3回】 詩歌トライアスロン

「花瓶には星を蒐めるゆっくりとまぶたを下ろし息をつづけて」
                                      亜久津歩

水槽の音をみる寝室はオリオンと精肉の冷暗所
花瓶には一輪の薬指 ささやかな淵をさし

失った日の木漏れ陽をまた浴びるためにと溺れるように
星を蒐める銀幕だけが抱きしめてきた遠浅の闇

ねえ、満ちひきは寂しいですか 満ちかけよりも痛いでしょうか
ゆっくりと ゆっくりと明けていく

こういう夜をもうながいこと忘れていたよ
まぶたを下ろし眺める街に滲む灯りは

息を続ける いきをつづける
あなたには冬の菫でいてほしい

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress