「長い禁欲生活の詩」より    コンスタンティノス・ブーラ(翻訳 マキ・スターフィールド)

0911_2

「長い禁欲生活の詩」より    コンスタンティノス・ブーラ(翻訳 マキ・スターフィールド)

          (あなたがたは日々を正すことはできても、
              変更することはできない)

           薄暗い部屋のなかで僕は点火された
         そして夜明けを迎える前にその光は分散した
            僕は朝の星の衣服に紛れ込み
              雨のなかに消えた・・・

     宇宙のエントロピーの増大がどの島にも起こることについて
           反対もない。その場所で混乱が衰退し、
              言葉は回復する。調和。
              無意味に 思える ものは
                単にリズムだ
              人間の脳は理解する
               時間や能力がない
               結局 世の中には、
        自信のない傲慢さよりもずっと賢いものがあることを
               僕らは理解できない。

日差しと曇りのなか、
僕は人生を測定した
それは正しい とわかった。

                   *

君がいる ブラックホールから
遠いわけでも近いわけでもない。
ブラックホールは余計なものから君を解放させてくれる
物質的なゴミ

そして君に( 贈り物として ) 高周波の放射能 を与える
石がダイアモンドに
変わるように。

                   *

                暗闇を恐れるな。
               それは光の兄弟であり
               勇者を産む子宮をもつ
                偉大な母だから。

                   *

            僕らの存在の基盤石を打ち砕こう。
            精神と肉体の 距離を直交させよう。
              自然界の最大ベクトル。

                   *

              海ウニよ、自由な太陽よ
               君に焼かれよう!

                   *

              慎重な僕らは火の中を掃く
               単なる捨て身だ!!!

                   *

                暗闇に沈むな
               軽い吐き気のために。

                   *

                僕らは光に沈む
              暗闇の吐き気のために。

                   *

             ついに、すべてが1つになる、
                空のランタン。

                   *

毎朝僕は 鉛筆 を削る
そして、剣を磨いた・・・
ナイフ
君のためにそれを所持する
僕らの深く感じる 悲しみ・・・

                   *

一人でも奴隷が
いるとき
地球には自由な人は
いない。

                   *

詩とともに虚空から
抜け出すために
僕が君を必要とすると
いつも君はいない、
無駄な生き方が描かれた
キャンバスの上に・・・
下手に散らばった音を
出しながら・・・

                   *

炎熱の街へと
煮えくり返る肉体は
二羽の鳩を
追い散らした
それは2つの噴水を蒸発させ、
噴水の水源を干からびた。

                   *

悲しみもなく、
僕は生きたい
そして、説きたい
言語の深みで
何も恐れずに・・・

コンスタンティノス・ブーラ(Konstantinos Bouras)
1962年、ギリシャ・ペレポネソス地方のカラマタ生まれ。機械工学と哲学をアテネで学んだ後、パリ第三大学大学院で哲学のDEA修了。
詩、小説、戯曲を発表。欧州を中心に国際的な創作活動を展開。

https://www.konstantinosbouras.gr

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress