Haribo,Toughbody,Towelfor(uni)cazürn   飯塚距離

  • 投稿日:2012年08月24日
  • カテゴリー:短歌


  Haribo, Toughbody, Towelfor(uni)cazürn

通学路めてろへてろ火ぶくれしてく白滝をみた 僕の夫だ

指寝かすウィジャボード、市で市、ここで別人に休みはないようで

(みず)(あめ)(んぼ)(みず)(みず)(あめ)(んぼ) 歯ブラシが四十本落ちてきて、晴れ空

「気持ちの化け物のカードを組み合わせてキミだけの心労をつくろう!」

空で泣いてる虎から下はくずれてる地球の絵のことのほか売れない

耳んまぁりを二年四年くれぇはゆうに あぶらとり紙で折ったソファチェア

通貨選り 生身泥噴くエルモの子かばう子の歯がこぼれちゃうんじゃ

金髪のエックベルトが土なんて好きじゃなかった形に路肩

おぶっても信号は冷えてててんままだだけどどうろが熱だしました

みどりの日を(てぐるま)も着たい? 全員を着たい? 全員色紙が祖先の

まばゆくくたばるあみ棚 餅合戦をするのです 少年画報社は消えても

この仕草がデッドストック 火ぶくれの僕と同時にまたぐ 廃油を

***

をっと
とうゆもこたつもないたぷたぷまで来たわたくしたちですが
すがたではまだぐみぐみなのだった
タッパーは動脈を五百(イオ)八百(ヤオ)も浮いて沈んで通過臭いし、椎は枝に五百(イオ)八百(ヤオ)も寺を朝には産むし
しかしそういうこともいつか話せたらいいですね
いーよ!
話せない
そういうことがさっきから話せたらいいだろ
話せない
話せない、せなせな、話されてはいない、はいなはいな、しかしタッパーに、なにかうにか、かにかさなか、ぱきらすぴかとゆらいでいるから火と勘違い、とてもしやすいもののすがたをくるむこと知ったのなら
ふしくれのイオヤオ
くるたいむ、ふるたいむ、たるたるしたたっていくその、たいむたいむに、もっと(クル)(クル)と息をつめていきたいのなら
なおさらだよイオヤオ
なにかうにか、かにかさなか、ぱきらすぴかとゆらいでって
ここで
いーよ!って
たおるんだっけ!

***

けむい声のみんなを通し翼廊はどうしてようやく何もしなかったです

  • 飯塚距離(いいづか・きょり)

1982年秋田県生まれ。詩誌「骨おりダンスっ」参加

タグ:

      
                  

「短歌」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress