花束   三木基史

  • 投稿日:2019年07月13日
  • カテゴリー:俳句

花束2

花束   三木基史

天の水地の水に跳ね初景色
耳打ちや紋白蝶の翅ひらく
昭和の日ポップコーンに長き列
かざぐるま風を忘れて戻り来る
少年に滑走路あり大夏野
鈴虫の鈴を取り合う姉妹かな
月光に耳を澄ましたまま眠る
消しゴムにバニラの香り文化の日
馬小屋を丸太に戻す冬の雨
窓枠を壊して冬の景を見る

三木基史(ミキモトシ)
1974年生まれ 兵庫県宝塚市出身、在住 「樫」所属 森田智子に師事 
現代俳句協会所属 第26回現代俳句新人賞 共著「関西俳句なう」

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress