ぬめり   瀬戸優理子

  • 投稿日:2019年07月13日
  • カテゴリー:俳句

ぬめり

ぬめり   瀬戸優理子

蓮ひらく生まれるときは頭から
裸の子羽搏きそうな耳を持ち
顔寄せて空蝉のやぶけたところ
虹の色数える産んでいる途中
天金の詩集余白に星の砂
梳る音短夜の波の音
一族にはみ出さず居る夏座敷
面取りの刃のぬめり走り藷
鎮痛剤ほたるぶくろに飲ませたか
夜濯の結婚指輪泡立ちぬ

瀬戸優理子(せと ゆりこ)
昭和47年東京生まれ。北海道在住。
平成27年、第33回現代俳句新人賞受賞。
平成29年、第一句集『告白』刊行。同書
にて第32回北海道新聞俳句賞佳作。
『WA』『ペガサス』『蘖通信』所属。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress