おじさんの風景   金井真紀

  • 投稿日:2019年12月14日
  • カテゴリー:俳句

1214k

おじさんの風景   金井真紀

春月やふっくらとした手のヤクザ
海苔をぱりぱり福島弁の編集者
ソーダ水この世ですれちがった人
八月の獣を背負うアイヌびと
詩人兼百姓の手で桃をむく
村長の耳毛を揺らす秋の風
銀杏落葉チェロを背負った大男
新蕎麦や役者崩れと記者崩れ
冬空に飛行機 道ばたに聖者
星冴えて切手になった独裁者

金井真紀
文筆家・イラストレーター。任務は「多様性をおもしろがること」。著者に『世界はフムフムで満ちている』(皓星社)、
『はたらく動物と』(ころから)、『パリのすてきなおじさん』(柏書房)、『虫ぎらいはなおるかな?』(理論社)ほか。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress